お知らせ
2010年12月18日
Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ! この記事についてTwitterでつぶやく

新車両412号車デビュー

平成19年度から順次車両の更新を行っておりますが、本年度をもって全て
完了となります。この最終号車となる412号車が平成22年12月18日より営業
運転を開始しました。

(平成22年12月18日(土)に開催しました「新車両運転開始式典」の内容)

旧車両(100系~300系)の営業運転終了と新車両(412号車)の営業運転
開始を記念して出発式を開催しました

1.日時
  平成22年12月18日(土曜日)
  旧車両(304号車)金田駅到着 15:26分
  新車両(412号車)金田駅発車 15:30分

2.内容
 金田駅2番線に旧車両が到着後、前方に新車両を入線。
 それぞれの乗務員(列車運転士)に花束を贈呈した後、伊藤社長(田川
市長)による出発合図で、新車両が出発。それに併せて旧車両の汽笛を
吹鳴させて新車両を送り出しました。

3.参考
 ①平成筑豊鉄道の車両
 ・平成元年10月1日の運行開始に合わせ14両を購入
 ・平成3年9月 2両増便(今回引退する車両はこの2両です)
 ・平成19年4月 3両更新(全てなのはな号)
 ・平成20年2月 1両更新(全てなのはな号)
 ・平成20年3月 1両更新(へいちく浪漫号)
 ・平成20年12月 2両更新(全てなのはな号)
 ・平成21年3月 1両更新(ちくまる号(ブルー))
 ・平成21年12月 3両更新(ゆめタウン号、炭都物語号、ちくまる号(グリーン))
 ・平成22年12月 1両更新(今回運転開始となる新車両 412号)

 ②旧車両の今後
 現在、運用から外れている101号車と今回引退する303号車、304号車の
3両がありますが、101号車と303号車はミャンマーへ輸出され、今後も現地
で活躍します。
 導入以来の走行距離は1両当たり約120万㌔で、地球30周に相当する距
離を走行しました。
 また、304号車は金田駅構内に動態保存し、運転体験に活用する他、内
部にテーブルを設置し、陶芸、書道、盆栽などの作品展や農産品、加工品
等の展示即売会など、沿線の方々が自由にご利用できるスペースとしてご
提供して参ります。
 利用開始は来年2月1日からを予定しておりますが、受付開始時期など
詳細は改めてお知らせいたします。
 

へいちくファン お知らせ 地域の特産品 沿線・観光ガイド 鉄道営業案内 平成筑豊鉄道について 平成筑豊鉄道沿線情報サイト へいちくネット ホーム トップへ