開業からの歩み

平成元年10月1日 平成筑豊鉄道株式会社開業
・旅客営業   伊田線  直方〜田川伊田    16.1Km
糸田線  金田〜田川後藤寺    6.8Km
田川線  行橋〜田川伊田    26.3Km
計 49.2Km
・貨物営業  伊田線  直方〜金田         9.8Km
・駅 数     15駅(有人9駅、無人6駅)
有人駅9駅  ( )は営業扱いのみ
(直方)、金田、田川伊田、(田川後藤寺)、勾金、油須原、犀川、豊津、行橋
無人駅6駅
中泉、赤池、糒、豊前大熊、糸田、崎山
・車両数  (軽快ディーゼルカー)
100型 9両 定員 105名
200型 3両 定員 121名
300型 2両 定員 124名
・運転保安方式
伊田線  複線自動閉そく式
糸田線  票券閉そく式
田川線  通票閉そく式
・列車設定本数 旅客198本(JR時代74本)、貨物15本
  2年 4月 1日 ダイヤ改正、中泉〜赤池間に市場駅を設置(伊田線)
   同  上 赤池〜金田間に人見駅を設置(伊田線)
   同  上 金田〜糒間に上金田駅を設置(伊田線)
   同  上 油須原〜勾金間に内田駅を設置(田川線)
  2年 9月 3日 車両洗車機設置(金田基地に)
  2年10月 1日 ダイヤ改正、直方〜中泉間にあかじ駅を設置(伊田線)
   同  上 糸田〜田川後藤寺間に大藪駅を設置(糸田線)
   同  上 行橋〜豊津間に今川河童駅を設置(田川線)
   同  上 豊津〜犀川間に新豊津駅を設置(田川線)
  2年10月22日 あかじ〜中泉間に藤棚駅を設置(伊田線)
  3年 3月16日 ダイヤ改正、運転保安方式の改善(田川線)
通票閉そく式→特殊自動閉そく式(電子符号照査式)
  3年 6月   中泉駅舎活性化利用、理髪店開設
  3年 9月 9日 車両増備  300型  2両
  3年10月 1日 行橋〜今川河童間に美夜古泉駅を設置(田川線)
  3年12月 勾金駅舎活性化利用、食堂開設
  4年 4月 1日 糒〜田川伊田間に下伊田駅を設置(伊田線)
  4年 7月15日 ダイヤ改正
  4年 9月 赤池駅舎活性化利用、お好み焼き店開設
  4年 9月30日 石炭輸送の廃止(伊田線)
  5年 1月23日 犀川駅改築 町費で「ユータウン犀川」(田川線)
  5年 3月18日 ダイヤ改正、新豊津〜犀川間に東犀川三四郎駅を設置(田川線)
   同  上 内田〜勾金間に柿下温泉口駅を設置(田川線)
  6年 2月28日 運転保安方式の改善(糸田線)
票券閉そく式→特殊自動閉そく式(軌道回路検知式)
  6年10月 1日 開業5周年記念式典、写真コンテスト開催
  7年 1月27日 糒駅舎活性化利用、筑豊ボクシングジム開設
  7年 4月15日 糸田駅改築 町費で「グリーンドーム糸田」(糸田線)
  7年 4月20日 ダイヤ改正
  7年 5月20日 JR直方駅 電子連動開始
  7年 7月21日 崎山〜油須原間に源じいの森駅を設置(田川線)
  8年 3月16日  ダイヤ改正
  8年 4月21日  赤池駅改築 町費で「童謡のまち、赤池町」(伊田線)
  9年 3月22日 ダイヤ改正、市場〜赤池間にふれあい生力駅を設置(伊田線)
   同  上 豊前大熊〜糸田間に松山駅を設置(糸田線)
  9年 5月25日 行橋駅高架化一部完成に伴う着発線変更
 10年 4月 油須原駅舎活性化利用、陶芸工房開設
 10年10月 1日 初めての運賃改定を実施(4.2%)
 10年11月 7日 行橋駅高架化完成
 11年 2月27日 源じいの森温泉開業に伴う鉄道利用者温泉割引開始
 11年 3月13日 ダイヤ改正、糒〜下伊田間に田川市立病院駅を設置(伊田線)
 11年 7月21日  1日フリーきっぷ発売開始
 11年10月 1日  10周年記念式典・イベント(10月3日)開催
(以降、鉄道の日イベントとして14年まで継続開催)
 12年 3月11日  ダイヤ改正(回送定期化等で旅客は最高本数210本となる)
 13年 3月 3日 ダイヤ改正、要員削減のため旅客は173本に減便
(昼間60分間隔、伊田線に一往復快速列車を設定)
    同  上 あかじ駅をあかぢ駅に改称
直方〜あかぢ間に南直方御殿口駅を設置(伊田線)
   同  上 勾金〜田川伊田間に上伊田駅を設置(田川線)
 13年10月 6日 ダイヤ改正(JR福北ゆたか線電化による19便増便)
   同  上 犀川駅窓口委託化(犀川タクシー)
 13年12月12日 安定化補助金の交付承認(平成14年度から)
 14年 4月 1日 日王の湯開業に伴う鉄道利用者温泉割引開始
 14年 9月23日 ダイヤ改正
   同  上 金田駅本社鉱害復旧認可
 15年 3月15日 ダイヤ改正、内田〜油須原間に赤駅を設置(田川線)
 15年 3月22日  金田駅本社改築工事完成(鉱害復旧)
 15年 7月 1日 金額回数券の導入
   同  上 まくら木オーナ制の導入
 15年 9月 1日 名誉駅長制の設置
 15年10月 へいちくフェスタイベント開催
(以降、毎年秋のイベントとして継続開催)
 15年12月 1日 金額回数券、一日フリーきっぷ委託発売開始
(中泉駅、赤池駅、勾金駅、下伊田、糸田)
   同  上 地域通貨制度参加
(豊津町、NPO新聞環境システム研究所実施の「ペパ」と鉄道回数券交換事業)
 16年 3月13日 ダイヤ改正、貨物輸送廃止による要員削減のため旅客は169本に減便
(早朝、深夜便削減)
 16年 3月26日 セメント輸送撤退(貨物鉄道事業廃止)
 16年10月 2日 キャラクター「ちくまる」制定
へいちくフェスタイベントにあわせてJR車両特別運行
 16年11月25日 ほうじょう温泉ふじ湯の里開業に伴う鉄道利用者温泉割引開始
 17年 3月 1日 ダイヤ改正(17便増便、土休日運休ダイヤ廃止)
 17年 4月 1日 2回目の運賃改定実施(5.9%)
   同  上 精神障害者割引開始
 17年 6月25日 車両運転体験開始
 17年10月 1日 ダイヤ改正
 17年10月14日 平成筑豊鉄道再生計画策定
 17年11月 1日 推進協議会ホームページ「へいちくネット」開設
(従来の田川市ホームページ内から独立)
 18年 3月18日 ダイヤ改正
 18年10月 1日 安全統括管理者設置
   同  上 マナー指導員導入
 18年10月 JR車両「なつかしのキハ58国鉄色号」運行
 19年 3月18日 ダイヤ改正
 19年 4月 8日 車両更新(400型「なのはな号」3両)運行開始
 19年10月 JR車両「ありがとうキハ58思い出列車」運行
 20年 2月23日 車両更新(400型「なのはな号」2両)運行開始
 20年 3月15日 ダイヤ改正
車両更新(500型「へいちく浪漫号」1両)運行開始
 20年 4月 1日 ちくまるつり革オーナー制導入
 20年 6月 4日 門司港レトロ観光列車の第二種鉄道事業認可
 20年12月 経営安定化補助金の増額承認(H21年度から)
 20年12月20日 新型車両400型「なのはな号」(2両)運行開始
 21年 3月14日 新型車両400型「ちくまる号(ブルー)」運行開始
 21年 4月 1日 3回目の運賃改定を実施(9.6%)
同上 駅名ネーミングライツによる駅名変更
 21年 4月26日 門司港レトロ観光列車「潮風号」運行開始
 21年 8月  日 門司港レトロ観光列車「潮風号」乗客10万人突破
 21年11月21日 門司港レトロ観光列車「潮風号」乗客20万人突破
 21年12月14日 新型車両400型「ゆめタウン号」、「炭都物語号」運行開始
 21年12月21日 新型車両400型「ちくまる号(グリーン)」運行開始
 22年 7月14日 田川線、崎山~源じいの森間で大雨による大規模土砂流出災害が発生
 22年 7月15日 不通区間のバス、タクシーによる代行輸送を実施
 22年 7月31日 門司港レトロ観光列車「潮風号」乗客30万人突破
 22年 9月25日 田川線、崎山~源じいの森間の災害復旧。通常運行に戻る
 22年12月 3日 経営安定化補助金の増額承認(平成23年度から)
 22年12月18日 最後新型車両400型「旧型車両塗装車」運行開始
 23年 1月 3日 旧型車両(304号車)を利用した「列車の中の催事会場」供用開始
 23年 3月  日 門司港レトロ観光列車「潮風号」乗客40万人突破
 23年 4月 1日 直方、田川後藤寺、田川伊田、行橋の駅窓口閉鎖

JRへ定期券販売を委託開始

 23年 8月 10日 ビール列車開始
 23年 8月27日 門司港レトロ観光列車「潮風号」乗客50万人突破
  23年12月16日  平成筑豊鉄道OB会設置 
 24年 7月14日  九州北部豪雨による災害が発生(被災箇所41ケ所)
 24年 7月17日 不通区間(崎山~田川伊田間)のバス代行輸送開始
 24年 9月 9日 田川線災害復旧。通常運行に戻る。
 25年 2月11日 伊田線(直方~金田間)開業120周年式典・イベント開催
 25年 9月 1日 ちくまるキップ 源じいの森温泉入湯無料スタート
 26年3月 今後10年間経営改善に向けたアクションプログラム策定
 26年 4月 1日 消費税増税(8%)に伴い、4回目の運賃改定を実施(2.7%)
 26年 6月15日 へいちくウォーク開始
 26年10月 4日 開業25周年記念式典(へいちくフェスタ・福智スイーツ大茶会の冒頭に実施)
 27年 3月23日 経営の抜本改革に向けた「平成筑豊鉄道経営会議」を設置
 27年 4月 9日 平成筑豊鉄道を元気にする会設置
 27年 8月23日 田川線開業120周年記念式典・イベント開催
 27年10月 へいちくフェスタ 2日間乗り放題キップ発売
 28年 4月10日 門司港レトロ観光列車「潮風号」乗客100万人突破
 28年10月17日 旧国鉄車両(昭和41年製造)キハ2004号をひたちなか海浜鉄道より搬入

同年12月3日譲渡式典開催

 

へいちくファン お知らせ 地域の特産品 沿線・観光ガイド 鉄道営業案内 平成筑豊鉄道について 平成筑豊鉄道沿線情報サイト へいちくネット ホーム トップへ