鉄道を未来につなぐために(令和元年度版)

平成筑豊鉄道は、地域住民の悲願として平成元年に誕生して以来、地域に密着した生活路線として、重要な役割を果たしてきています。

しかし、沿線人口の減少や少子高齢化の進行、またマイカー社会の進展により、利用者数がピーク時の半数以下(342万人→150万人)にまで落ち込んできており、大変厳しい経営環境に晒されています。

このような状況の中、社員一丸となって利用促進等経営改善に取組んでおりますが、この鉄道を未来に残していくためには、沿線地域の皆様にご利用頂くことが必要不可欠となっています。県や沿線自治体の皆様にも、鉄道や駅を地域活性化の資源として活かす様々な取り組みにより、平成筑豊鉄道の経営改善(利用者数の増加)を支援して頂いております。

合言葉は、「乗って残そうへいちく!!

地域の皆様に1回でも多く乗って頂くことが、平成筑豊鉄道を未来につないでいくことになります。

以下の乗車人員数の目標達成に向け、様々な機会を通して、平成筑豊鉄道をご利用頂きますようお願い致します。

令和元年度の平成筑豊鉄道年間乗車人員数

 

過年度の利用者数実績 H25年度 1,672,494名
H26年度 1,642,944名(対前年比98.2%)
H27年度 1,622,737名(対前年比98.7%)
H28年度 1,564,117名(対前年比96.4%)
H29年度 1,560,924名(対前年比99.8%)
H30年度 1,496,035名(対前年比95.8%)

 

月別 H30年度実績 R1年度実績 増減 対H30年度比率
目標数(A) 実績数(B) (B)-(A)
4月    138,950 144,726 5,776   104.2%
5月    151,542 144,548 -6,994  95.4%
6月    138,764 %
7月    114,859 %
8月    124,598  
9月    118,236
10月    134,653
11月    126,617
12月    112,717
1月    125,857
2月    101,764
3月    107,478/td>

合計 1,496,035
※乗車人員数は、既定の計算方法により算定されるもので、定期券利用者を、土日・祝日も乗車したものとみなした算定等を行います。
このため、乗降人員調査の員数とは一致しません。

 

 

各駅乗降人員調査結果 (平日利用者の前年度比較)

20180911-0001

 

平成筑豊鉄道の経営状況とご利用のお願い

 

20180918-0003

 

 

 

へいちくファン お知らせ 地域の特産品 沿線・観光ガイド 鉄道営業案内 平成筑豊鉄道について 平成筑豊鉄道沿線情報サイト へいちくネット ホーム トップへ