香春町

人と道と風がクロスするまち—スプリング・タウンKAWARA—

人口約1万4千人を有す香春町は古い歴史があります。初めて公式文書に登場するのは八世紀に編集された"風土記"であり、その語源は古代朝鮮語にそのルーツを探ることが可能で、古くより朝鮮半島や中国と密接な繋がりがあった土地であることが分かります。

 近代では、セメント産業を中心に発展し、昭和31年に3町村が合併し、現在の香春町に至っています。周辺は香春岳をはじめとする山々に囲まれ、数々の史跡や文化遺産にも恵まれており、万葉集には香春を詠んだ短歌が7首あり記念の歌碑も建っています。また、町内には5つの窯元があり、陶芸のまちとしても有名であります。

 古くは風土記や万葉集、大宰府管内誌さらには小倉日記や炭坑節、そして青春の門などと歴史、文学、紀行等に多く登場している香春の地は大宰府と奈良を結ぶ"大宰府官道"「田河道」の時代より変わらず、現在も国道201号線と322号線のクロスする交通の要です。

香春町ホームページ
http://www.town.kawara.fukuoka.jp/

へいちくファン お知らせ 地域の特産品 沿線・観光ガイド 鉄道営業案内 平成筑豊鉄道について 平成筑豊鉄道沿線情報サイト へいちくネット ホーム トップへ