泌泉(たぎりせん)

関の山一帯に降った雨水が、地下の石灰岩層を通り湧き出しているものです。町の指定文化財です。

昔、あまりの水の乏しさに、人々が嘆いていると聞いた大伴金村が、神に祈り、金鉾を地に突き刺したところ、 たちまち水が湧き出したと伝えられている。以来、水は枯れることなく田畑を潤し、豊作が続いたため 「いとよき田」と呼ばれ、町名の由来になったと言われる。

*糸田駅より徒歩約25分

問い合わせ

糸田町産業経済課 Tel:0947-26-1231

へいちくファン お知らせ 地域の特産品 沿線・観光ガイド 鉄道営業案内 平成筑豊鉄道について 平成筑豊鉄道沿線情報サイト へいちくネット ホーム トップへ