県道【金田・糸田・田川線】との跨線橋の下につくられた駅です。 道路 (土手)を隔てて中元寺川が炭鉱時代の物語をいっぱい詰めて流れていきます。 この辺りから糸田駅に向かって自動車と鉄道車両が接近して併走します。