基本情報

商号 平成筑豊鉄道株式会社
所在地

福岡県田川郡福智町金田1145番地の2
NTT 0947-22-1000
FAX 0947-22-0910

資本金 授権資本  1,000百万円
払込資本    273百万円
設立 平成元年4月26日
営業開始 平成元年10月1日
会社の目的 「旅客鉄道事業」のほか、11項目を定款に定めている。
社員数 69名
(2019.11.1現在。役員・臨時社員除く)

株主

出資者 出資額(万円) 割合(%)
福岡県 7,500 27.47
田川市 4,050 14.84
直方市 1,800 6.59
行橋市 1,800 6.59
福智町 640 2.34
みやこ町 640 2.34
赤村 370 1.35
香春町 320 1.17
糸田町 320 1.17
小竹町 160 0.59
自治体計 (10) 17,600 64.46
民間・法人等計 (64) 9,700 35.54
合計 (75) 27,300 100.00

役員氏名

役職名 氏名 記事
取締役会長 小川 洋 福岡県知事・非常勤
取締役副会長 二場 公人 田川市長・非常勤
代表取締役社長 河合 賢一 常勤
専務取締役 青佐 康広 常勤

このほか、取締役(非常勤)11名、監査役(非常勤)2名

営業線名、営業キロ、および駅数

伊田線 直方〜田川伊田間 16.1キロ 15駅
糸田線 金田〜田川後藤寺間  6.8キロ 5駅(金田駅を除く)
田川線 行橋〜田川伊田間 26.3キロ 16駅(田川伊田駅を除く)
門司港レトロ観光線
(愛称:北九州銀行レトロライン)
九州鉄道記念館~関門海峡めかり間 2.1キロ 4駅

列車の運転本数

区間 平日 土曜・休日 合計
  下り 上り 下り 上り 平日 土曜・休日
直方〜金田 37 37 32 32 74 64
金田〜田川伊田 30 32 24 26 62 50
金田〜田川後藤寺 19 19 18 18 38 36
行橋〜犀川 24 24 20 20 48 40
犀川〜田川伊田 21 21 18 18 42 36

 

門司港レトロ観光線

区間 下り 上り 合計
九州鉄道記念館~関門海峡めかり 11 11 22

 

配置車両

形式 車両数(両) 定員
座席 立席 合計
400形 7 48 71 119
3 40 80 120
400形(ことこと列車) 1 18 0 18
1 30 0 30
500形 1 41 60 101

門司港レトロ観光線

  両数 定員  
形式 (両) 座席 立席 合計  
DB10型 2     0 ディーゼル機関車
トラ70000型 1 42 10 52 客車
1 36 12 48 客車

運転方式

伊田線 自動閉そく式
糸田線 特殊自動閉そく式(軌道回路検知式)
田川線 特殊自動閉そく式(電子符号照査式)
門司港レトロ観光線 スタフ閉そく式

旅客運賃

普通旅客運賃(対キロ区間制)

3キロまで 220円
3キロを超え 6キロまで  60円加算
6キロを超え9キロまで 50円加算
9キロを超え15キロまで 3キロを増すごと 40円加算
15キロを超え21キロまで 3キロを増すごと 50円加算
21キロを超え24キロまで  70円加算
24キロを超え30キロまで 3キロを増すごと 60円加算
30キロを超え33キロまで 70円加算
33キロを超え36キロまで 60円加算
36キロを超え39キロまで 50円加算
39キロを超え42キロまで 3キロを増すごと 50円加算
42キロを超え43キロまで 60円加算

定期旅客運賃(表定制)1ヶ月定期

通勤

3キロまで 7,610円  (以降、別途定める額)

通学(大学・高校生)

3キロまで 4,840円  (以降、別途定める額)

通学(中学生)

3キロまで 4,150円  (以降、別途定める額)   
3ヶ月定期 1ヶ月定期額×3倍の5%引き
6ヶ月定期 1ヶ月定期額×6倍の10%引き

 

門司港レトロ観光線

普通旅客運賃(均一制) 300円(小児半額)
座席指定料金(1席) 100円

年譜

1893年(明治26年) 2月11日 直方〜金田間(伊田線)開通(筑豊興業鉄道→九州鉄道→国有化)
1895年(明治28年) 8月15日 行橋〜伊田間(田川線)開通(豊州鉄道→九州鉄道→国有化)
1897年(明治30年) 10月20日 糸田(宮床)〜後藤寺間(糸田線)開通(豊州鉄道→九州鉄道→国有化)
1899年(明治32年) 3月25日 金田〜伊田間(伊田線)開通(九州鉄道→国有化)

1929年(昭和4年)

2月1日 金田〜糸田(宮床)間(糸田線)開通(金宮鉄道→国有化)

1987年(昭和62年)

2月3日 伊田線・糸田線・田川線を第3次特定地方交通線として承認
  3月30日 第1回特定地方交通線対策協議会を3線合同開催(以後、合同開催)
  8月7日 第2回特定地方交通線対策協議会開催
  12月4日 第3回特定地方交通線対策協議会開催
1988年(昭和63年) 5月13日 第4回特定地方交通線対策協議会開催
1989年(平成元年) 2月6日 第5回特定地方交通線対策協議会開催、伊田線糸田線・田川線は
平成元年9月30日廃止、10月1日から新会社による経営転換決定
  4月3日 新会社の設立発起人会開催
  4月15日 平成筑豊鉄道株式会社の創立総会開催
  4月26日 平成筑豊鉄道株式会社設立登記
  6月5日 第1種鉄道事業免許取得、特定地方交通線代替輸送事業者認定
  8月2日 車両確認、特別構造認可
  9月24日 鉄道事業の旅客・貨物運賃設定認可
  10月1日 開 業

開業からのあゆみ

開業からのあゆみはこちらのページをご覧ください。