のおがた

NOGATA

(藤本興業studiocanada)直方

のりかえ:JR福北ゆたか線

所在地

福岡県 直方市 直方市大字山部226-2

開業年月日

明治24(1891)年8月30日

駅の周辺

駅前のアーケード街には名物の成金饅頭の店や、TV・雑誌で紹介されたシュークリームのおいしい店があり、広い駅前通りを東へ300m、須崎公園の中に林芙美子の句碑(放浪記)があります。

線路に沿って南へ約500m(途中に多賀神社の大鳥居あり)行くと[ものもの通り]に出ます。骨董品や民芸調、美術品が惜しみなく数多く展示され、観る人の目を存分に楽しませてくれます。

また直方藩ゆかりの双林寺もその近く。双林寺から通りに出て鳥居をくぐり跨線橋を渡ると石炭記念館があり、SLの屋外展示を始め筑豊炭田の資料が多数展示してあります。

駅横の公共通路を抜けて駅西口に出ると、貝原益軒による銘文がある梵鐘や直方藩廃藩の折、館の横門を移した山門などか゛ある西徳寺、近くに直方藩侯の菩提寺であった雲心寺、二蕉庵直峰の句碑などがある随専寺や山部庚申社(詣でに遠く北九州、福岡からも訪れます)があり、放浪記に「おたかさん」で紹介された多賀神社も目の前です。

駅前にアーケードがあり、それを入って行くと古町・明治町・殿町の商店街が縦横に展開し活気に満ちていますが、毎月5日に開かれる「五日市」は定着し特ににぎわいます。各アーケードの切れ目付近には大正時代のレトロな建物が散見されますが、その一つが直方谷尾美術館で春・夏・冬の各企画展の他、市民の文化活動の場として活動しています。

へいちくファン お知らせ 地域の特産品 沿線・観光ガイド 鉄道営業案内 平成筑豊鉄道について 平成筑豊鉄道沿線情報サイト へいちくネット ホーム トップへ