駅がグリーンドームという町の施設。駅横には郵便局、タクシー会社、交番があります。 “放浪の俳人”山頭火と彼のよき理解者で親交があった炭鉱の医師・木村緑平の句碑も駅周辺に点在しています。徒歩15分で大伴金村の伝説がある”泌泉(タギリ)”、30分で金村神社に着きます。桜の開花シーズンには駅前の 中元寺川対岸にあるサクラ並木が見事です。 町名の由来 泌泉が田畑を潤し、豊作が続いたため、「いとよき田」と 呼ばれ町名の由来になったと言われています。