平成筑豊鉄道の35番目の駅として、赤村役場下に完成し15年3月15日開業しました。 また駅ホーム前には、高齢者の方々が永年培った豊かな知識と経験や、熟練した木工品作りや果実の加工などの技能の活用を推進する「高齢者能力活用センター」が完成しました。 同駅から伊田方面に向け鉄道線路に沿って緩やかな左カーブを描きながら、岐阜県神岡鉱山から譲り受け復元 整備された2トンバッテリー車が旧油須原線跡に敷設された 1.7キロの専用レール上を観光トロッコを牽引し走ります。