「なのはな号」だった403号車は、2021(令和3)年4月17日に「スーパーハッピー号」として生まれ変わりました。

 

「Super Happy Train Project(スーパーハッピートレインプロジェクト)について

 < ミヤザキ ケンスケ × 福智町 × JAL × 平成筑豊鉄道 >

世界の地域の人々を巻き込みながらアートを生み出している画家・ミヤザキ ケンスケさんと福智町の子どもたちがコラボレーションした「Super Happy Train Project(スーパーハッピートレインプロジェクト)」。

福智町、連携協定を締結している日本航空、福智町に本社がある平成筑豊鉄道の三者の主催により、子どもたちが実働する車両に絵を描いた産官学連携のアートプロジェクトです。

「スーパーハッピー」をテーマにミヤザキさんが下絵を描いた車両に、子どもたちが彩色。ワークショップで「福智町といえば何?」の問いに、子どもたちから答えのあった、町の名所・名産品もミヤザキさんの手によって随所に描かれています。

子どもたちの一筆一筆が積み重なり、思いが形になった「スーパーハッピー号」。世界で一つだけの車両がふるさとの原風景を背景に、夢と希望と元気を与えながら走ります。

 

「なのはな号」時代の403号車 2007(平成19)年4月8日運行開始

 

「なのはな号」の塗装を落とし、真っ白なキャンバスに。

ミヤザキ ケンスケさんが描いた下絵に、子どもたちが色をつけていきます。

「ちくまる」はもちろん、車体のあちこちに、子どもたちが提案した福智町の名所・名産品が描かれています。実際に見て探してみてください。

 

 

車内にはミヤザキ ケンスケさんのメッセージや、プロジェクトの過程が掲示されています。

 

ミヤザキ ケンスケさんのプロフィール 

1978年佐賀市生まれ。筑波大学卒業後、ロンドンへ渡りアート制作を開始。

「Super Happy」をテーマに、見た瞬間に幸せになれる作品を展開。

現在、世界中で壁画を残す活動「Over the Wall」を主宰し、現地の人々と一緒に数々のプロジェクトを実現中。

 

これまでの作品は MIYAZAKINGDOM (ミヤザキケンスケ公式ウエブサイト)

 

この車両に出会えたみなさんが「スーパーハッピー」になれますように!